これから

2017/11/12

「それから」という有名な小説があるが、「これから」という小説はあるのかな。

その日、何ヶ月ぶりかの出張の東京で、あの地震を経験した。

その瞬間(というか瞬間ではなく続いているのだが)は、なんか呆然としているというか、呆然とただ立ち尽くすというか、そんなに怖いと感じていないというか。

実際、死ぬときもこんな感じなんだろうか。

生きているいま、思い起こすとかなり怖いのだが。

便利になるように、楽になるように、いろんなものをこしらえてきたけれど、

それらがなくなると、いっぺんに不便になる、どうしていいかわからなくなる、

結局、作ってきたもんにしばられてる、文明が発達すればするほど、しばりは多くなる。

つねづね思っていたけれど、確信する。

人間よりも、鳥のほうが賢い。

続く。